アフィリエイト

アフィリエイト基礎編⑥ 情報商材アフィリエイトについて 前編

目安時間 8分

ゆうしんです。

今回基礎編⑥では情報商材アフィリエイトについて解説します。

 

前回の記事はこちら→アフィリエイト基礎編⑤ トレンドアフィリエイトについて

 

情報商材アフィリエイトとは何か

情報商材アフィリエイトは、色々な知識やノウハウをまとめた
「情報商材」と呼ばれる商品をアフィリエイトする手法です。

 

多くはネットビジネスなど「稼ぐ系」の情報になりますが、
他にも「恋愛」「美容」「健康」「人間関係」なども情報商材で
人気のジャンルです。

 

これらに共通するのは、
「悩みが深く、解決しにくく、人にも相談しにくい」こと。

 

一般的な書籍やテレビなどの情報だけでは解決できず、
誰にも相談できず、人知れず悩みを抱えている人はたくさんいます。

そういう人向けに、普通には得られないディープな情報を
提供するのが情報商材です。

 

ディープな情報だけに、一般的な書籍に比べてかなり高額で、
多くは10000~50000円程度、中には10万、20万以上する
高額商材もあります。

 

そういう高額な商品を売るわけですから、
商品の良し悪しを判断し、人に説明できる知識と、
ネットビジネスの総合的なスキルが求められますので、
一般的に参入のハードルは高いとされています。

 

しかし、それだけに得られる対価は大きいです。

なにしろ売ってる物が高額なうえ、「情報」という
原価のかからないものなので、アフィリエイト報酬が高い。

1つ売るだけで数万円の報酬が普通ですし、
流行り廃りがあまりなく、売れる商材は2年、3年と
売れ続けます。

 

更に、売れる仕組みを作って「自動化」することも可能です。

そういう仕組みを2つ、3つと作っていけば、
最小の労力で、考えられないほど大きな金額を稼げるようになる。

そういう可能性のあるビジネスです。

 

数あるネットビジネスの手法の中で、いまのところもっとも大きく
稼げるのが、この情報商材アフィリエイトの世界でしょう。

 

情報商材は怪しい?詐欺?

 

物販のアフィリエイトとは違い、
形の無い「情報」を扱う情報商材アフィリエイトは、
アフィリエイトの中でも少しグレーなイメージがあります。

 

中には「情報商材」と聞いただけで拒絶反応を示す方もいます。

「情報商材なんて全部詐欺だ!」とかね。

でも、そうではありません。
情報商材も「ピンキリ」です。

 

確かに「情報」という形のない商品の性質上、
誇大広告や、詐欺的な方法が横行しやすいのは事実です。

しかし、ちゃんと価値のある情報を発信し、
購入者に結果を出してもらえるように情熱を持って指導している
情報アフィリエイターや情報販売者も
少なからず存在します。

 

怪しげなイメージがあるのは、そういう真っ当なやり方ではなく
知識のない一般の人から搾取する「情弱ビジネス」の人たちが
目立っているからです。

金運の上がる財布やら、パワーストーンやらと同じ類ですね。

 

「PCでツールを動かすだけで月収30万」とか、
「1日3クリックだけで月収1265万」とか、
あり得ないキャッチコピーで宣伝しているやつです。

 

たいてい、大きな文字とギラギラした派手な色使いの
パチスロ雑誌みたいなセールスページで、
ノウハウの内容はほとんど明かさず

「どれだけラクに稼げるか」
「どれだけ大きな金額を稼げるか」
「これだけ稼いだ人がいる」

などをまくし立て、「買えば分かる、買えば稼げる」と煽るだけ、と
お決まりのパターンなので、慣れればすぐに見分けられます。

 

そんなバカバカしい商品、絶対手を出さないで下さいね。

「誰でもラクして稼げる方法」なんて、この世にありませんので。

 

もちろん僕がおすすめする商品の中には、そういった詐欺商材は
一切ありません。

そんなものを紹介していては、あっという間に信用を失いますから。

(「詐欺だから気をつけて!」と注意喚起で紹介はしますけどね)

 

業界の空気を知り、見る目を養う

あからさまな詐欺商材は論外としても、
ちゃんと真面目にネットビジネスを教える教材や塾でも、
人によって意見が分かれることがあります。

ある人は「良くできている優良教材です」と言い、
別の人は「何も学ぶところがない、くだらない教材です」と言う。

どちらも同じアフィリエイトで稼いでいる人なのに、
この差は何?と思いますよね。

 

このへんが情報商材の業界の不透明なイメージを
作っているところもあります。

 

ただでさえマイナーなジャンルで情報が少ないですし、
その情報を発信しているのも、アフィリエイターがほとんど。

アフィリエイターということは、それを売ることで利益を得ているわけで、
褒めていたとしても「売る為にムリヤリ褒めてんじゃないの?」と
どうしても疑いを持ってしまいます。

 

こういう業界の特性上、普通の商品よりずっと、
「本物」と「偽物」を見極める力が必要になります。

 

それはアフィリエイターの「月100万稼いだ」などの
実績を見ていても分かりません。
(そんなのいくらでも捏造できますからね。画像も)

 

そこはもう「発信している情報の中身」を見て判断するしか
ありません。

 

最初は分からないかもしれませんが、
いくつも情報商材系のブログを読み比べていれば、
だいたい「あ、この人は本物だな」というのが直感的に
分かるようになります。

それが分かるようになるまでは、色んなブログをとにかく読んで
「業界の空気を知る」ことに専念しましょう。

 

そのうち、
「ああ、この人月収100万とか言ってるけど、大して稼いでないな」
と分かるようになります。

 

「主張が一貫しているか」
「自分の経験を元に話をしているか」

など色々見るべきポイントはありますが、それらを意識せずとも
そのうちピンと来るようになります。

 

言葉では表現しにくいのですが、
「言ってることに一本筋が通っているのを感じる」というか。

それを感じたということは、その情報発信者と自分の考えが近く、
「ウマが合う」ということでもありますから、ぜひメールを送って
コミュニケーションを取ってみて下さい。

得るものは大きいはずです。

 

 

続きはこちら↓

アフィリエイト基礎編⑦ 情報商材アフィリエイトについて 後編

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

トラックバックURL: 
管理人:ゆうしん

元中小企業の営業マン。
鬱で退職後、不動産投資と転売で稼いだり、また鬱になって休んだり。

中学から不登校だったり、高校中退したり、高認取って大学行ったり。

そんな経験をふまえて情報発信してます。

生きづらさとか。
社会に対する問題意識とか。
なんか楽しいこととか。

カテゴリー
サイト内検索