アフィリエイト

アフィリエイト基礎編⑦ 情報商材アフィリエイトについて 後編

目安時間 13分

ゆうしんです。

アフィリエイト基礎編、情報商材アフィリエイトについての続きです。

前回はこちら↓
アフィリエイト基礎編⑥ 情報商材アフィリエイトについて 前編

 

情報商材アフィリエイトに実績は必要?

同じ「副業」や「ネットビジネス」のカテゴリの中でも、
情報商材アフィリエイトはマイナーな手法であり、敷居が高いと
思われています。

その理由は大きく分けて2つ。

1つは形の無い情報を売るという「胡散臭さ」
もう1つは「ネットビジネス全般の知識と、実績が必要」と
思われていること。

だと思います。

 

「胡散臭さ」については前回説明のとおり、
詐欺的な手法で荒稼ぎを狙う輩が悪目立ちしていることが
大きな原因です。

これは、ある程度知識があれば避けられます。

 

もう一つの「知識と、実績が必要」というハードル。

これは、かなり業界のことを分かっていて、実際にもう
情報商材アフィリに取り組んでいる人でもそう思っていることが
多いです。

が、実はそうでもないです。

 

情報商材アフィリエイトでガンガン稼いでいる人だって、
全ての手法で稼いだ実績があるわけではありません。

売るノウハウを全て実践して、結果も出さないといけないとしたら
時間がいくらあっても足りませんからね。

 

とは言え、できれば1つか2つ、軸になる経験があった方が
記事を書きやすいのは確かです。

身に付いたジャンルであれば理解が早くスラスラ書けますし、
自信を持って情報発信ができるので、説得力が出ます。

 

でも、大事なのは個別のノウハウを追求することではなく、
情報ビジネス業界の全体像を俯瞰して見ることができる視点。

 

その視点から、「こういう人にはこういう教材がオススメ」とか、
逆に「こういう教材はやめた方がいい」とアドバイスをするのが、
情報商材アフィリエイターの仕事ですから。

 

「情報発信力」を鍛える

前項のとおり、情報商材アフィリエイトをやるにあたっては
専門家ほど個別のノウハウに精通している必要はありません。

 

せどりやアフィリエイトで稼ぐ能力と、
情報商材アフィリをする上で必要な能力は、
大部分が別物です。

 

情報商材アフィリエイトに必要なのは、情報をまとめ、
自分のフィルターを通して、分かりやすくアウトプットする能力、
つまり「情報発信力」です。

 

このフィルターこそが、他でもない
「自分が情報発信をする理由」となります。

 

ただノウハウや手順を教えるだけなら、
Googleで検索すれば、分かりやすく解説したページが
いくらでも出てきます。

 

僕らに必要なのは「何のために」そのノウハウが必要なのか、
という目的意識。

 

それぞれが掲げる「理想」に近づく手段として、ノウハウだったり
情報商材が役に立ちますよ、とおすすめしているわけです。

 

例えば僕の場合は、

雇われなくてもちゃんと社会の役に立ち、
しかも雇われる以上のお金を稼ぐことができる。

ということを主張し、それを理想として掲げています。

 

「組織に所属するのが苦手」というだけで、
本当は能力のある人が、引きこもってしまったり、
向いていない単純労働に従事して虚しく人生を過ごすのは、
本人もつらいですし、社会にとっても損失だと思うからです。

 

これは一例ですが、こういった価値観にもとづいて、
それを追求するために必要な情報を発信する。

これはマーケティング戦略で「ブランディング」
呼ばれるものにあたります。

 

「他との違い」を打ち出すということですね。

 

打ち出したい自分の主張や、特異な経歴など、
アピールポイントがある人の方が、ブランディングはしやすいと思います。

 

このブランディングに沿って、取り入れた様々な情報を自分なりの
価値観で解釈し、それを人々に提示する。

そして、共感をしてもらう。

この力を付けるのが「情報発信力を鍛える」ということになります。

 

と言うと難しそうですが、最初からそれほど特別なブランディングを
する必要はありません。

「脱サラして自由になろう!」をコンセプトにして稼いでいる
情報発信者はたくさんいますよね。

ありきたりといえばありきたりですが、それで十分です。

 

同じようなブランディングでも、人それぞれ味付けは自然と
変わりますから、まずはやってみることです。

 

やっているうちに独自のコンセプトが見えてきますから、
後からアレンジしていけばいいのです。

 

もちろん、途中でガラッとコンセプトを変えてしまうと
まずいですけどね。

 

「脱サラ」「雇われずに生きる」をコンセプトにしていたのに、
別の記事では
「なんだかんだサラリーマンは有利。会社は辞めずに副業で稼ぎましょう」
とか言ってたら、
「言ってること違うじゃないか!」と、信用されなくなります。

 

なので基本的な部分はブレないようにしましょう。

 

使うのはブログとメルマガがメイン

情報商材アフィリエイトで使うメディアは、主に
「ブログ」「メルマガ」になります。

 

この2つは役割が違います。

ブログは広く世の中に呼びかけお客さんを集める役割。

主に検索エンジン経由でお客を呼び、
記事を読んでもらって、ファンになってもらう役割があります。

 

「広告塔」であり、情報発信の要にもなる、大事なメディアです。

 

メルマガは、自分に共鳴してくれる人のサークルのようなもので、
より訴求力の強い、ディープなメディアになります。

 

ブログでしっかり読者に価値を感じてもらい、
「この人の話をもっと聞きたい」と思ってもらえれば、
メルマガに登録してくれます。

 

メルマガをちゃんと読んでくれる人は、
かなり自分の考えに共鳴してくれている人ですから、
おすすめ商品にも高い確率で関心を持ってくれます。

 

そういう「濃いファン」を1人でも増やしていくことが、
情報発信ビジネスの根幹になります。

 

ブログを育てていく

ブログの大きな役割は、
検索エンジンからお客さんを呼び込むことです。

 

アップした記事の一つ一つが
検索エンジンからの「入口」になります。

書けば書くほどお客さんが来てくれる確率が上がるわけです。

 

ただ、最初のうちは書いても書いてもアクセスがない状態が
続くと思います。

それは、ブログ自体がまだGoogleに評価されていないためです。

 

一概には言えませんが、平均するとだいたい100記事超えたあたりから
アクセスが増え出した、という声が多いようです。

そのくらいが、Googleが「ちゃんとしたサイトだ」と認める水準なわけですね。

 

これを聞いて「ええ…100記事も…」と思うか、
「100記事あればいいのか、よし、何としても書いてやる!」と思うか、
それは人それぞれですが、やってみれば不可能なことではないです。

ここを乗り越えれば大金が稼げると思えば、やる価値は十分あります。

 

この「ブログを育てる」という感覚は、
物販のサイトアフィリエイトと大きく違うところです。

 

物販の場合、どれだけアクセスがあり稼げていても、
翌月にGoogleのアップデートがあってアクセスがゼロに
ということも普通にあります。

 

つい先日もアップデートがあり、
サプリメントなどの商標キーワードで上位のサイトが
根こそぎ飛ばされるという事件があったようです。

サイトアフィリの人たちは大騒ぎでした。

 

情報商材アフィリエイトの場合は、そうした影響を受けにくい
マイナーな検索需要を狙っています。

更に、何年もかけて500記事、1000記事と入れて
強いブログに育てていくという、全く違う手法になります。

 

書けば書くほど資産が増えていくことになりますので、
最初はつらいかもしれませんが、是非頑張ってみて欲しいと思います。

 

無料レポートからの集客

ブログからの集客がメインと言いましたが、もう一つ、
「無料レポート」という集客方法があります。

 

PDFなどで様々なノウハウや手順の解説書を無料で提供し、
その中でブログやメルマガの登録を促します。

 

ちゃんと価値のある情報を提供できれば、ブログも見てもらえますし、
それなりの確率でメルマガにも登録してもらえます。

 

ただ、この方法は以前ほど有効ではなくなっているのも事実です。

 

無料レポート専用の、いわゆる「捨てアド」で登録し、
レポートを受け取るだけ受け取って、
メルマガは読んでくれない人も多いからです。

 

もちろんそのまま読者になってくれる人もゼロではないですし、
ブログからのメルマガ登録者用のプレゼントに使えたりもするので、
全く無意味とは言いません。

 

でも正直、ここに労力をかけるなら、一つでも記事を書いて
ブログを充実させていった方が、費用対効果は高いと思います。

 

無料レポート1つの労力で、
普通のブログ記事5~6個は書けますからね。

 

初心者がまず取り組むべきこと

まず最初にやるべきなのは、情報発信の軸となる
「ブランディング」の内容を決めることです。

 

他の誰でもない、自分が情報発信をする理由。

何を人に訴えたいか。

何のために情報発信をし、情報商材を勧めるか。

その「信念」を明確にすることです。

 

それがないと情報発信の軸がブレブレになりますし、
文章を書くスピードも、質も全然上がりません。

 

自分が理想とする社会、働き方、人生とは何か。

人に情熱を持って語れるくらい、
確固たるものであれば望ましいです。

 

それが決まれば、後はブログを立ち上げ、自己紹介を作り…と
細かい手順を進めていく段階になります。

詳しい手順はまた別途、ノウハウ編で解説します。

 

今回は以上です。

お読み頂きありがとうございました。
ゆうしんでした。

 

P.S.

実績ゼロから情報商材アフィリエイトの世界で
月収100万円以上を目指すなら、「セドクエ」という教材がおすすめです。

公式ページを見れば分かりますが、盛りだくさんでコスパは最高レベルです。

レビュー記事はこちら↓

情報アフィリで月収150万円を目指す】 「セドクエ」 加藤賢一  評価とレビュー

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

トラックバックURL: 
管理人:ゆうしん

元中小企業の営業マン。
鬱で退職後、不動産投資と転売で稼いだり、また鬱になって休んだり。

中学から不登校だったり、高校中退したり、高認取って大学行ったり。

そんな経験をふまえて情報発信してます。

生きづらさとか。
社会に対する問題意識とか。
なんか楽しいこととか。

カテゴリー
サイト内検索