ネットビジネス入門

ネットビジネス教材は「ガイドブック」。自分で歩かないと進めない。

目安時間 7分

ゆうしんです。

 

ネットビジネスで成功を目指すにあたって、
「教材」が果たす役割は大きいです。

 

教材とは稼ぐためのノウハウをまとめたいわゆる情報商材で、
ここでは有料の教材のことを指します。

 

今は、検索すればネットで稼ぐ方法は
タダでいくらでも転がっています。

しかしその多くはバラバラの情報で、
それをつないで正しいルートを探すというのは、
初心者にはなかなか難しい。

 

なので順序立てて道のりを示してくれる
教材があった方が、成功の確率は高いです。

 

ただ、どんな教材でも買えばすぐ稼げるというわけではありません。

 

ネットビジネスの教材はあくまで「ガイドブック」

ネットビジネスの教材の多くは、セールスレターで
「これを買えば半年後には月収◯◯万円!!」
派手にうたっているので、
「この教材を買えば稼げるんだ」と思ってしまいますが、
全然そんなことはありません。

 

旅行で言えば、教材は「ガイドブック」のようなものです。

フランスに旅行したい!と思ってガイドブックを買ったはいいが、
いつまでたっても計画を立てず、飛行機もホテルも予約しないのでは、
何の意味もありません。

 

しかしネットビジネスの世界では、これと同じく
家でガイドブックだけ読んでる人がたくさんいます。

 

いくら本で読んでても、実際に現地を歩き、
風景を眺め、店に入ってみる経験をしなければ、
フランスを知ることにはなりません。

 

地図だけ見て、シャンゼリゼ通りはここか、オペラ座はここか…と、
覚えていても意味はありません。

 

ネットビジネスも同様に、教材を読むだけでは意味はなく、
読みながら実際に手順を追って作業することが必須です。

 

現地を歩き、空気を知るのです。

 

僕は去年ヨーロッパ旅行に行きましたが、
色々な発見がありました。

 

フランスでは街なかで「歩きタバコ」をしてる人をよく見ました。

日本ではもうほとんどいませんよね。

 

あと、歩行者は普通に信号無視してます。

もし自動車が来ても、車の方が止まって通してくれます。
「歩行者優先」が常識になってるみたいです。

 

これにはびっくりしましたが、現地の人からすれば、
車も来ないのに突っ立っている僕たちの方が
むしろ変に見えるようです。

 

こんなことは、ガイドブックには載っていません。

現地に行って自分の足で歩かないと分からないことです。

 

ネットビジネスでも同じです。

ガイドブック=教材はただの指針で、
それに沿って作業するために作ってあるものですから、
読んでいるだけでは意味がありません。

 

ネットビジネス教材は「一つに集中する」は正しいか?

教材はあれこれ色んなものに手を出すより、
一つに集中した方が良いと、よく言われます。

 

これはその通りで、中途半端に手を付けても何にもならず、
知識も身に付かず、時間の無駄になります。

まだバイトしてたほうがマシです。

 

やるなら最初から最後までやり通す。
これは最低条件です。

「どこから手を付けても良い」という自由な教材はほとんどなく、
一通り作業して初めてその教材は意味を持ちます。

 

「読みにくい」とか「内容が酷い」とか「サポートがいいかげん」など、
よほどの事情があれば別ですが、
そうでなければ一度最後までやり通しましょう。

 

実践しないと見えてこないものがありますし、
後になって「最初のあれはそういうことだったのか」
点と点がつながることもあります。

 

なので、極力最後までやりきること。

その上で、「この手法は合わない」とか「別の教材が良い」と思ったなら、
方向転換するのも有りだと思います。

 

どうしても合わないのに固執しているのも、時間の浪費ですからね。

中途半端はダメですが、やはり「合う・合わない」
確実にありますので。

 

頼りにすべきガイドブック。しかし…そんなに精度は良くない。

たいていの人は、家族・友人知人の中で
「ネットビジネスに詳しいのは自分一人」という状況でしょう。

それくらい、まだネットビジネスはマニアックなジャンルです。

 

なので購入した教材を唯一の頼りにして
進んでいくしかないわけですが、
これを信頼しすぎるのもまた良くない面があります。

 

ネットビジネスの教材は、教科書や参考書のように
プロの編集者や、この道何十年の研究者が
作っているわけではありません。

 

その多くは、何年か前にネットビジネスに参入した
「ちょっとだけ先輩」の人です。

 

文章や構成も必ずしも上手くない(というか下手な人が多い)ので
教科書なみに万人に解りやすくできている教材は、
本当に少ないです。

 

地図で例えると、記憶だけで書いた、手書きの地図。

 

正確ではない部分もありますし、
どこが重要なポイントかも、人によって変わります。

それらを解読しながら、手探りで進んでいくものだと
思った方が良いかもしれません。

 

大まかな地図を手に、自分のルートを開拓していくイメージです。

 

そもそも「起業」というものに決まったルートは
ありませんから、これはごく当然のことです。

先輩が辿ったルートを参考に、
新たな自分のルートを作っていくわけです。

 

教材はその為のガイドブックですから、
あまり過信しないようにして下さい。

 

もし道に迷った時は僕が相談に乗りますので
遠慮なくご連絡下さいね(^^)

あなたに合った成功へのルートをご提案します。

ゆうしんへのご連絡はこちら

 

それでは。ゆうしんでした。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

トラックバックURL: 
管理人:ゆうしん

元中小企業の営業マン。
鬱で退職後、不動産投資と転売で稼いだり、また鬱になって休んだり。

中学から不登校だったり、高校中退したり、高認取って大学行ったり。

そんな経験をふまえて情報発信してます。

生きづらさとか。
社会に対する問題意識とか。
なんか楽しいこととか。

カテゴリー
サイト内検索