マインド

続けることの難しさ。でも続けると決めたので

目安時間 3分

どうも、ゆうしんです。

 

またまた鬱がやってきました。

 

身体症状だけで言っても、ひどい二日酔いの吐き気と、眠気。

今日はブログ更新危ういかなと思ったのですが、夜11時半過ぎてどうにか回復してきたので、書き始めました。

 

躁鬱で情報発信。
無理ゲーなんですかね?

 

健常者でも難しいみたいですね

ブログやツイッターなどの情報発信は、ずっと続けられる人のほうが少ないって言いますね。

みんな途中でやめてしまう。
だからこそ、続けられる人は自然と成功するんだ、と。

 

そう言ってる人たちも、そのフォロワーも大多数は健常者であって、僕らみたいに不安定だったり生きづらさを抱えて生きているわけじゃないんですよね。

つまり、健常者であっても難しいことを、僕みたいな障害者がやろうとしている。

 

いや無理ゲーじゃね?

って、ふと思ってしまいます。

 

でも、これしかないと思ってますし、やると決めたのだからやるんです。

 

どうしても無理で、倒れたらやめます。

でも、今のところ42日連続更新。

 

始まりはブロガーのマナブさんが500日とか連続更新してるのを見て「カッコエエ!」って憧れたのがきっかけ。

でも、今はもう自分との戦いになってます。

 

精神障害者でもやれるんだ、ってことを身をもって実証したいって気持ちもあります。

 

続けることは難しい。だからこそ価値があると

「続けた人が勝つ」とか言いますが、あれ何か違う気がするんですよね。

 

漫然と続けるだけじゃあ意味がない。

というか、漫然と続けられる人はほとんどいなくて、続けられるのは何らかの「意味」「報酬」があるからこそだと思うのです。

 

続けるのはしんどい。だから、どこかで続ける意味を見つけ出すor作り出す。

意味を見出した人が、続けられた人。

 

その結果「続ける=成功」という図式になっているのではないかと。

 

そう思います。

 

正直言って、今は「とにかく続けている」段階な気がします。

ここから先が勝負です。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

トラックバックURL: 
管理人:ゆうしん

元中小企業の営業マン。
鬱で退職後、不動産投資と転売で稼いだり、また鬱になって休んだり。

中学から不登校だったり、高校中退したり、高認取って大学行ったり。

そんな経験をふまえて情報発信してます。

生きづらさとか。
社会に対する問題意識とか。
なんか楽しいこととか。

カテゴリー
サイト内検索