その他

サポセンの鑑。Appleのサポート素晴らしい(解決できなかったけど拍手)

目安時間 4分

どうも、ゆうしんです。

 

Appleのサポートに感動した、って話です。

 

嫁が5年半使ってた「iPhone5s」がさすがにもう限界だってことで、中古のiPhone7を買ったんですね。

ヤフオクで「SIMフリー」として出品されてるやつ。

 

で、それが昨日届いて、セットアップしてみたら、今まで使ってたSIMが「無効なSIMです」って表示されて使えないんですよ。

 

SIMフリーなのに??

 

IMEI(識別番号)で通信制限を調べたら「au △」でして。
これSIMフリーじゃないんじゃ?auのSIMロックかかってるんじゃ?

 

と思って出品者の携帯屋に連絡したら、

「検品時に3大キャリアのSIMで通信OKを確認している」
「うちとしては問題ない、SIMを提供している通信会社に連絡してくれ」

とのことで。

 

僕もそんなに詳しくないので、通信会社(IIJ)のサポートに電話したのですが、解決せず。

Appleのサポートに電話しても解決せず。

 

両方のサポート担当者がそろって「それはSIMフリーでない可能性が高い」との回答。

 

いろいろ調べてたところ、IMEIで検索したらどっかのオークションのページがヒットしたんですね。

先月、2019年4月に出品・落札されているオークション。

で、その詳細欄に「au(キャリアSIMロック)」ってはっきり書いてある。

 

???

 

その旨を「うちは悪くない」と言ってた中古屋に連絡すると、「弊社で再度検品するので、着払いで送って下さい」と。

 

で送ったのですが、結果はその中古屋の検品ミス。

しっかりauのSIMロックがかかっている端末でしたとさ。

 

ドコモ◯のSIMフリー同等品を用意しますので、と交換させてください。と。

 

キズとか確認したいので画像を送って下さい、とメールしたのが今の状況。

 

このやり取りの中で一番印象に残ったのは、Appleのサポートの素晴らしさ。

 

教育がしっかりしてるんでしょうね。

SIMフリー機を買ったつもりがSIMを認識せず、使えない。
中古屋やIIJのサボートに連絡しても解決しない、という困った状況に、本当に親身になってくれて、

「解決するまで寄り添いますよ」

という姿勢を崩さないんですね。

 

SIMフリーじゃない端末をSIMフリーと偽って売却する輩は残念ながらいると。

個人的な話ですが実は自分もひっかかったことがありますと。
その時は中古屋から前の持ち主に連絡を取ってもらい、SIMロック解除手続きをさせたという経験があり、だからお気持ちは良く分かります。
許せないです。

と一緒になって怒ってくれて。

 

いやーサポセンの鑑だな、と思いました。

Apple製品は高いけれども、こういうところで差がついて、「またAppleを買おう」ってなるんですよね。

 

僕は一貫してWimdowsユーザーだし、Apple信者ではないですが、今回の件は改めてAppleすごいな、って思いました。

(IIJのサポートがほんとに事務的で悲しくなったんで、なおさらです)

 

困ってる時に優しくされると惚れちゃう、みたいな感じですかね。。

サポートの人は男性でしたけど。

 

 

   その他   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

トラックバックURL: 
管理人:ゆうしん

元中小企業の営業マン。
鬱で退職後、不動産投資と転売で稼いだり、また鬱になって休んだり。

中学から不登校だったり、高校中退したり、高認取って大学行ったり。

そんな経験をふまえて情報発信してます。

生きづらさとか。
社会に対する問題意識とか。
なんか楽しいこととか。

カテゴリー
サイト内検索