思想

「楽しく仕事ができているか」のチェックを義務化すべし

目安時間 3分

どうも、ゆうしんです。

 

あなたは仕事をしている時、幸せですか?

 

YESと答えられる人は本当にラッキーです。
ほとんどの人にとって、仕事は「嫌だけど我慢してやるもの」でしょう。

僕もそうでした。

 

仕事は嫌なもの。
給料は我慢料。

というのが常識ですが、これは絶対間違っています。

 

嫌なことより好きなことをやっている時のほうが、絶対良い仕事ができますよね。

ワクワクしながら喜んで仕事をするほうが、頭も働くし、エネルギーも湧いてきますから。

 

企画とかデザインとかクリエイティブな仕事はもちろん、一見地味な肉体労働やルーチンワークだって、楽しんで仕事をした方が絶対パフォーマンスは上がります。

 

なのに「どうしたら仕事が楽しくなるか」という視点は、この社会にほとんど皆無ですよね。

企業も国もほぼノータッチで、個人の裁量に任されている=ほったらかしなのが現状。

 

「楽しく仕事をする」…いや「仕事は楽しまないといけない」というところまで常識を変えられたら、めちゃくちゃこの世界は幸せになると思うんですよね。

 

そのためには、この国で働く全労働者を対象に「仕事を楽しんでいるか、幸せを感じられているか」というチェックを行う。
感じられていない社員については、どうすれば仕事が楽しくなるかを会社全体で考える。

これを企業の義務とすべきと思います。

 

会社は従業員の「給料=食い扶持=人生」を握っているから、今まではそんな努力なんてしなくても

「文句があるなら辞めろ。代わりはいくらでもいる」

で済んだわけです。

 

でも、労働者が年々減っていくこれからは、そんな態度ではもうやっていけないと思います。

そんな企業、見向きもされなくなりますよ。

 

「仕事は嫌なもの」
「給料は我慢料」…

この歪んだ常識が僕たちをどれだけ不幸にしてきたか。

こんな腐った時代は、平成までで終わりにしたいものです。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

トラックバックURL: 
管理人:ゆうしん

元中小企業の営業マン。
鬱で退職後、不動産投資と転売で稼いだり、また鬱になって休んだり。

中学から不登校だったり、高校中退したり、高認取って大学行ったり。

そんな経験をふまえて情報発信してます。

生きづらさとか。
社会に対する問題意識とか。
なんか楽しいこととか。

カテゴリー
サイト内検索