未分類

ブログのテーマ。生きづらさ。幸せを求めること。

目安時間 4分

ゆーしんです。

このブログのテーマはざっくり分けると「ビジネス」や「自己啓発」に分類されます。

さらに僕の特色としては「メンタルヘルス」や、この社会の「生きづらさ」に対する問題意識があります。

なので、目指すところは単なる自己啓発ではなく、いわゆる「幸福論」ですね。

僕たちは今、どうして幸福じゃないのか。

どうすれば幸福になれるのか。

僕自身がずっと幸福を感じられず苦痛に耐えて生きてきました。
その経験をもとに、いろんな書籍や人との会話を通じて考えていることを
日々発信していきたい。

とりあえずはこういったテーマを掲げています。

僕が人生を通じて一番関心のあること、そしておそらく一番時間と労力を使って、人より多く考えてきたことだと思うからです。

幸福がないがしろにされている

僕から見るとこの社会はとても生きづらい。

幸福を求めて生きているはずなのに、僕を含めて、幸福じゃない人がどうしてこんなに多いんだろう。

「幸福を感じること」があまりにないがしろにされていないか。

生きること=働くこと=我慢すること

って何かおかしくないか。あまりに実りがない人生じゃないか。

それじゃ何のために生きてるか分からないじゃないか。

…などという疑問ですね。
おそらく小中学生の頃に多くの人が抱く疑問じゃないでしょうか。

そこで「大人って大変そうだな…」と感じながらも、とりあえず勉強、部活、習い事、受験、就活。。

目の前の課題に追われて、そのうち考えなくなります。

「大人ってこういうもんだ」

と、いつしか自分を納得させる。

「自由と責任はセットだ」とか、
「給料はガマン料だ」とか、

どこかで聞いた決まり文句を自分に言い聞かせて。

人は幸せに生きるべき。って当たり前のこと

でも本当は「こういうもん」じゃない。と僕は言いたいんです。

本当はもっともっと幸福を感じて、毎日ワクワクしながら、自分らしい充実した人生を送るポテンシャルがあるはずなんです。

それを喜ぶように人間はできている。

だったら求めるべきだし、求めれば得られる道をちゃんと作るのがこの社会の制度。

もっと言えば、それを実現するのが「文明」ってことなんだと思います。

幸せ基準で考える。

そんなことを言うとスピリチュアルや宗教関係などと分類されそうですが、そうではないです。

あくまで論理的に、科学的に考えたいです。その上で「人間は幸福になるべき」と主張したいんですよね。

なぜそう主張するか。

その根底にあるのは「怒り」です。

「人を幸せにしない社会なんて、何のために存在してるんだ!」

っていう思いですね。

まあ壮大だし、簡単には解き明かせないテーマかもしれません。

でもそんな問題意識をもって、生きづらい人がほんの1ミリでも生きやすくなれるような、

せめて少しでも気持ちが楽になるとか、

そういう情報を共有できたらな、と思います。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

トラックバックURL: 
管理人:ゆうしん

元中小企業の営業マン。
鬱で退職後、不動産投資と転売で稼いだり、また鬱になって休んだり。

中学から不登校だったり、高校中退したり、高認取って大学行ったり。

そんな経験をふまえて情報発信してます。

生きづらさとか。
社会に対する問題意識とか。
なんか楽しいこととか。

カテゴリー
サイト内検索